投資・お金

dポイント投資 VS ウェルスナビforSBI証券(ロボアド)『比較』レポート始めます

スポンサーリンク

こんにちは!
お金に関することやポイ活でお得を探し回るのが大好きなぺいこや(@paykoya)です。

最近気づきました。

dポイント投資している金額と1年前ぐらいから預け続けているウェルスナビ(ロボットアドバイザー)の評価額が近いことに。

私の投資額を公表しても読者の方には何の得にもなりませんが、
dポイント投資とウェルスナビの資産の推移を定期的にレポートしたら
企画として面白いのではないかと思い、記事にすることにしました。

私はdポイント投資もウェルスナビも100万ぐらいからスタートしています。

期待値からすると今後dポイント投資のポイントがどんどん差をつけていくはずです。
実際のところはどうなっていくのでしょう。楽しみです。

この定期的なレポートを通してdポイント投資、ウェルスナビに興味を持っていただけたら嬉しいです。

もちろん投資ですのでリスクがあり、損失が出る可能性もあります。
ご自身で始める際にはあくまで自己責任でよろしくお願いします!

 

dポイント投資ってなに?

dポイント投資に関しては別の記事にまとめてありますのでぜひご覧ください。


 

ロボットアドバイザー(以後ロボアド)ってなに?

ロボットアドバイザー(以下ロボアド)を知らない方のために簡単に解説をします。

ロボアドは預けたお金に対して、いま流行りのAIが人間の代わりに投資銘柄を選んで自動的に投資やリバランスを行ってくれるという優れものです。

これだけ聞くと一見すごく良さそうに感じますが、もちろんデメリットもあります。
簡単にメリットとデメリットをまとめました。

 

メリット

  • 手間がかからない
  • 投資の経験や知識が不要
  • 確定申告不要(特定口座源泉あり)

デメリット

  • 手数料が高い
  • 短期の投資には向かない
  • 元本割れのリスクがある

 

ロボアドのメリット

何より一番は手間がかからないことでしょう。
預けていれば勝手に運用してくれるので何もすることがありません。
そして投資の経験や知識も必要ありません。
自動的にポートフォリオ(資産配分)を組んでくれて、リバランス(調整)もしてくれます。
また得た利益に対しての確定申告は特定口座(源泉あり)にしていれば不要です。

その他に、資金が必要になったときにすぐ引き出せるのもメリットです。
ウェルスナビの場合はだいたい3営業日後に振り込まれます。

 

ロボアドのデメリット

まずよく言われるのが『手数料が高い』ということです。
だいだい年1%の手数料が取られます。
ただ個人的には手数料の面はあまりデメリットには感じていません。

特に投資初心者の場合、自分でポートフォリオを決めてリバランスするよりも、
手数料を払ってでもAIが自動的に行ってくれた方が楽で大きな失敗も無いからです。

あとは短期の投資には向きません。
元々がリスク許容度を決めて長期的に運用することを目的として作られたものだからです。

元本割れのリスクに関しては投資である以上は仕方ないですね。
実際、新型コロナ出始めぐらいときの暴落では、かなりの含み損が出ました。
一時的な含み損が出ても長期的に見れば利益が出ていくという方針のようです。

数十年単位の年数で運用するのであれば、仮に途中でリーマンショック級の暴落が来ても最後には利益が出るという試算が出ていたのも見たことがあります。

 

どのロボアドがいいの?

ロボアドには「投資一任型」と「アドバイザー型」がありますが、ウェルスナビのように完全自動で投資してくれるのは「投資一任型」です。

投資一任型の中でもいくつもの会社がありますが、あとは最低投資金額、投資対象、手数料などを見て決めると良いと思います。

今回はロボアドの紹介がメインではないので詳細の比較はしませんが、ご興味のある方はぜひ調べてみてください。

なお、私がウェルスナビを利用しているのは特別な決め手があったわけではなく、ロボアドが出てすぐのタイミングでSBI証券が始めて、面白そうだなと思って手を出したからです。

 

比較レポートを行うにあたってのルールを決めました

まず、投資の方針です。

dポイント投資ウェルスナビ
  • 投資は追加と引出を都度行う
  • 手数料はかからない
  • 投資は預けっぱなしで放置
  • 手数料は年1%かかる

ウェルスナビの手数料は自動的に引かれますので手数料は込みで考えていきます。
dポイント投資の追加と引出については記事にまとめていますのでぜひご覧ください。

その他、以下のルールで行っていきます。

  1. どちらかに原資を追加した場合は、同額をもう片方にも追加する
  2. レポートはだいたい月1回の予定
  3. dポイント投資は部分投資はせず追加も引出も全額行う
  4. dポイントは投資のみに使用、買い物等で使用しない

どちらかに原資を追加した場合に同額をもう片方にも追加するのは
毎回2倍の原資が必要になるので、いつまで続けられるか分かりませんけど笑

 

気になる初回のレポートは?

気になる初回のレポートです!
初回はウェルスナビが6,412の差をつけて勝利しています。

 dポイント投資(d)ウェルスナビ(w)差額(勝者)
2020年8月1,092,745P1,099,157円6,412(w)
※2020年8月18日 12時現在

dポイント投資の状況

dポイント投資に入れられていない分が4ポイントあったので表上では合計しています。
初回なので資産推移などがお伝えできないのですが、今後は1ヶ月毎の推移もお伝えしていく予定です。追加と引出をしながらまずはウェルスナビに追いつきたいところ。

 

ウェルスナビの状況

初回のウェルスナビはこんな感じです。
ウェルスナビはリスク許容度を決められますが、私は最大の5で設定しています。
一番ハイリスクハイリターンな設定でdポイント投資との差を開きたいところ。

 

終わりに

dポイント投資vsウェルスナビ!

おそらく他でやっている人はいないのではないでしょうか。

定期的にレポートしていくような記事が書いてみたかったので今後が楽しみです。
何事も楽しみながら行って、いずれ結果にも繋がるような感じだと良いですよね。

ご感想やご意見、ブログ読んでるよの一言だけでもとても励みになります!
お気軽にコメントやTwitterでご連絡いただけると嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-投資・お金
-, , , , ,